熊本市会議員 いとう和仁

ご挨拶

若き力と情熱で、未来輝く熊本市をつくります!

いとう和仁の初志

ご挨拶

「税理士となって人々のお役に立ちたい」との思いで、税理士になることを決意し、平成28年5月に税理士となることができました。しかし、その直前に熊本地震が発生し、私の税理士としての最初の仕事が熊本地震の復興相談となり、相談者の悲痛な声に必死に応えてまいりました。しかし、相談を受ける中で、法律や制度の壁を痛感し、市議会議員として新たな一歩を踏み出す決意をいたしました。熊本地震を経験した者として、一人一人に寄り添い、安心・安全な都市を築いてまいります。また、税理士としての経験を活かし、熊本市の財政をチェックし、これからの熊本市の持続的発展のため力を尽くしてまいります。

若き力と情熱で、未来輝く熊本市をつくります!

  1. 一日も早い熊本地震からの復旧復興と災害に強い街づくりに取り組みます。
  2. 安心安全で、暮らしやすい街づくりに取り組みます。
  3. 子育て支援をはじめとする福祉を充実し、女性と若者が働きやすい街づくりに取り組みます。
  4. 未来輝く子供の人格形成へ、教育問題の解決に取り組みます。
  5. 市の持続的発展のため、財政状態のチェックに取り組みます。
  6. 水と森のまちくまもとをまもり、観光で賑わう街づくりに取り組みます。

プロフィール

プロフィール
  • 生年月日:1976年 1月1日
    税理士
  • 佐賀大学経済学部卒業
    佐賀大学大学院修士課程修了
    熊本学園大学大学院修士課程修了
  • 平成31年熊本市議会議員に初当選
  • 【所属委員会】
    都市整備常任委員会 委員
    予算決算委員会 委員
    大都市税財政制度・都市問題等特別委員会 委員
  • 党熊本県本部 青年局長
    党熊本県本部 政策議会局次長

取り組み

令和元年度 一般質問より抜粋

  • 地方公会計 浜松市や東京都のように統一的な基準による財務諸表による財務書類を9月議会の決算審査の資料として提出すべきでは?

    発生主義的なコストや資産と負債のストック情報が分かる財務書類については、速やかな情報開示を行うことが望ましいと考えており、他都市の作業手順、システムや人員体制等を研究し、可能な限り早期の財務書類の作成、公表に努めて参りたい。
  • 子育て 幼児教育・保育の無償化への向けた対策と認可外保育等への保育の質の確保策は?

     保育士確保には再就職支援コーディネーターを積極的活用しているが、ブランクがある保育士にとって、現在の保育業務に対応できるか不安との声もあることから、就職支援研修会や保育現場での体験会など、現場復帰への不安を軽減し、再就職に繋がるよう取り組んでいる。
     保育の質の確保は、認可外保育施設へは年に1回以上の立入調査により、適正な保育内容及び保育環境が確保されているかなどの確認を行っている。今後、認可外保育施設に対し、できるだけ早く国が定める基準を満たすよう丁寧に指導して参りたい。
  • 災害対策 洪水時の本市における全市避難の意味とは?

    本市では災害の状況に応じて対象エリアを絞って避難勧告等を発令しており、また、浸水想定区域にも土砂災害警戒区域にも該当しない地区も多いことから、大雨により全市域で避難指示等を発令する可能性は低いと考えている。
     仮に全市避難となった場合、避難行動は各々の状況に応じて異なるため、必ずしも避難所への避難を促すものではなく、例えば、頑丈な建物の2階以上に垂直避難する等の行動も重要であり、広く市民へ周知して参りたい。
  • 中小企業支援 横浜市のような伴走型支援事業の拡充と今後の計画は?

    横浜市の伴走型支援事業は、創業から概ね5年から10年の成長発展期にある企業に対して、実践経験豊富な経営者等を派遣する支援事業であり、本市とは支援対象期間が異なることから、今後、その導入効果やニーズ等について調査・研究して参りたい。
いとう和仁の取組み

質問は10項目となり、いずれの質問も皆様から頂いた相談・要望を反映させていただきました。
これからも、市民の皆様の声を届ける議員として、さらに精進して参ります。